借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


債務整理の方法として、誰でも最初に思いつくのは、自己破産ではないかと思います。いくつかの方法がある債務整理の中でも、一番多く利用されているのが自己破産です。しかし、あくまで自己破産は最終的な債務整理の方法です。債務整理を行う手段として、自己破産の他に3つの方法があります。クレジットやサラ金で多重債務に陥ってしまい、どの方法が自分にとってベストなのか考える余裕がなくなっていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、どの債務整理を行うかでメリットデメリットも変わります。後にも大きく関わる部分ですから落ち着いて債務の状況を整理し、債務整理方法の知識を蓄えた上で弁護士や司法書士などに相談するようにしましょう。

スポンサードリンク



債務整理の基本知識

債務整理を相談する場所によっては、自己破産を安易に勧められる場合があります。自分が置かれている債務の状況をよく理解して、自分に一番適切な債務整理を選択するようにしましょう。

債務整理の相談と依頼

債務整理の相談をする前には、債務の状況や支出や収入などを明確に整理しておき、相談を効率よく行うようにしましょう。また、債務整理を依頼する場合、それぞれ専門家によって業務の範疇がちがいます。

債務整理の影響について

債務整理を行うとなると自分への影響はともかく、家族や会社へ知られはしないかなどとても気になるところです。自分への影響はもちろん、まわりへの影響も債務整理の方法で変わってきます。いずれの債務整理でも妥協する点は必要ですが、可能な債務整理方法でも一番ベストな方法を選びましょう。

債務整理に必要な費用

債務整理を行うにあたって、全ての方法で必ず費用が必要になりますが、そのなかでも特定調停は非常に費用を抑えられる債務整理の方法です。また、債務整理の方法の中でも通常一番はやく解決できます。

債務整理と住宅ローン

住宅ローンの負担が大きくなっている場合、債務整理を行わなくても住宅ローンの借換えを検討してみるのもひとつの方法です。しかし、安定して返済し完済する事が最終的な目的です。無理のないように計画する事が不可能であれば、債務整理も検討します。

特定調停のメリットとデメリット

債務整理で手続きも費用も少なくてすみ、手続きも簡単な特定調停ですが、そのようなメリットもあれば、当然デメリットもあります。債務整理には他にも方法がありますから、適切な方法を選択する事が重要です。

特定調停の道のり

特定調停は弁護士に依頼せずに自分でも手続きができる、債務整理の中でも一番費用がかからない方法です。不安がある場合は弁護士に相談のみ行いましょう。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理が他の債務整理の方法とちがっている点は、裁判所が介在せずに、本人(通常弁護士)もしくは弁護士などの法律の専門家が、債権者との返済期間や返済額の話し合いを行う事です。裁判所が関わらないためにある、メリットやデメリットも考えるようにします。

任意整理の道のり

任意整理を弁護士や司法書士へ相談するところから、和解成立後までの一般的な流れです。

個人再生のメリットとデメリット

個人再生では、自己破産とちがい住宅を手放さずに債務の整理を行えるというメリットもありますが、保証人にも迷惑をかけるなどというデメリットもあります。

個人再生の道のり

以下に個人再生の一般的な流れを書きますが、個人再生は債務整理の中でも手続きが複雑なため、弁護士に依頼するのが通例です。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産は債務の全てが帳消しになってしまうという大きなメリットがある制度ですが、一定以上の財産を処分しなくてはならないなどの大きなデメリットもあります。他の債務整理が行えるのであれば、検討してみる事が必要だといえます。

自己破産の道のり

債務整理の種類の中でも最終的なものである自己破産ですが、自己破産といえども、必ず免責(借金が帳消しになる)を得られるわけではありません。他の債務整理が利用できるようであれば、そちらを検討しましょう。

スポンサードリンク