借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の基本知識

債務整理の基本知識

債務整理を相談する場所によっては、自己破産を安易に勧められる場合があります。自分が置かれている債務の状況をよく理解して、自分に一番適切な債務整理を選択するようにしましょう。

スポンサードリンク



債務整理は自己破産以外にも方法があります

債務整理を行うといえば、皆さんが始めに思いつくのは、自己破産だと思いますが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

具体的にいうと債務整理には、自己破産を含めて4つの方法があります。自己破産以外の残り3つの方法とは、特定調停と任意整理、個人再生です。

それぞれにメリットもあればデメリットもあり、手続きにもちがいがあります。また、本人の債務や収入の状況によって利用できる債務整理方法が変わります。多重債務の状況や取りまいている環境なども人様々です。自分の状況に合った方法を選択するようにします。

特定調停とは

特定調停は、簡易裁判所で行います。他の債務整理の方法と比較しても費用が安く終わる、上手くいけば借金の総額も大幅に少なくなるなどのメリットがあります。手続き自体も煩雑なものではありません。

テレビで見る裁判のように大げさなものではなく、クレジットやサラ金側の債権者(お金を貸した側)との、その後の利息の交渉や、返済額の交渉なども調停委員の方が行ってくれます。

裁判と聞けば、弁護士などの法律家に依頼するように思いますが、手続きも比較的簡単な上、交渉も調停委員が行ってくれるので、特定調停は自分だけでも行う事が可能です。

特定調停では債務を返済する事を前提として交渉するわけですから、一定以上の支払い能力や支払う意思ももちろんあり、借金の額も300万円~5・6百万円程度まででなくてはなりません。

任意整理とは

任意整理とは、話し合いによって和解する債務を整理する方法の事です。他の債務整理の方法では裁判所が関わりますが、任意整理では裁判所は関わりません。

話し合いは、お金を借りた側の債務者が直接、債権者であるクレジットやサラ金と行ってもよいのですが、相手にされない可能性もあります。

ですので、一般的には弁護士などの法律の専門家が債権者との交渉を行います。

債権者と交渉する内容というのは、借金の総額の交渉や借金を返済する期間の交渉などです。返済方法は原則として、三年以内の分割払いになります。

個人再生とは

個人再生は、将来にわたって安定した収入の見込みがあるが行える方法です。住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下で利用することができる債務整理です。

自己破産の場合にはマイホームを持っていると手放すことになりますが、個人再生の場合には、マイホームを手放す必要がありません。

住宅ローン以外の借金の返済額を1/5~1/10程度に減らし、住宅ローンも返済の支払い期間を延長するなどのスケジュールの変更ができます。

個人再生の手続きは複雑であるため、通常は弁護士に依頼するようにします。

自己破産とは

債務整理をする方法のなかで、一般的に最初に思いつくのが自己破産だと思います。債務整理は大きく分けると再建型手続きと清算型手続きのふたつに分かれますが、自己破産は清算型手続きに分類されています。

自己破産は、債務整理の方法のなかでも最終的な手段です。借金の返済が不能な人が、裁判所へ破産の申し立てを行います。支払いが不能な状態であれば利用でき、債務の総額は問われません。

自己破産のをすると、自分が持っている財産は(必要最低限のものなどは省く)なくなってしまいます。その代わり免責を得ると債務はなくなります。つまり、その後に借金への返済は全くなくなるということです。

自己破産は、地方裁判所に申し立てを行います。


スポンサードリンク