This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の基本知識> 個人再生とは

個人再生とは

個人再生は、将来にわたって安定した収入の見込みがあるが行える方法です。住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下で利用することができる債務整理です。

自己破産の場合にはマイホームを持っていると手放すことになりますが、個人再生の場合には、マイホームを手放す必要がありません。

住宅ローン以外の借金の返済額を1/5~1/10程度に減らし、住宅ローンも返済の支払い期間を延長するなどのスケジュールの変更ができます。

個人再生の手続きは複雑であるため、通常は弁護士に依頼するようにします。