借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の影響について

債務整理の影響について

債務整理を行うとなると自分への影響はともかく、家族や会社へ知られはしないかなどとても気になるところです。自分への影響はもちろん、まわりへの影響も債務整理の方法で変わってきます。いずれの債務整理でも妥協する点は必要ですが、可能な債務整理方法でも一番ベストな方法を選びましょう。

スポンサードリンク



家族への影響

債務整理を行おうと考えている方が一番気になるのは、やはり家族への影響、とりわけ子供への影響でしょう。

借金の影響としての家族への影響は、家族が保証人になっているか否かという事がポイントになります。債務の保証人になっていない場合は、返済する義務はありません。クレジットやサラ金などの債権者から、返済を行うようにいわれる場合がありますが、これは拒否して構いません。

また、家族の進学や就職、結婚などにも影響を及ぼしませんが、自己破産で債務整理を行う場合は、原則的に一定以上の価値がある財産は処分されてしまいますので、その点の影響は考えておくべきでしょう。

ただ、家族がローンやクレジットを組もうとした時に、信用情報機関に記録が残りますので影響があるケースがあります。

家族へ知られないように債務整理を行いたいという方もいらっしゃると思いますが、知られないように行っていても裁判所からの通知が郵送されて来たのを家族に見られたりする可能性もあります。どのような債務整理の方法でも100%知られる事がないとはいい切れませんので、突然、借金が発覚するより事前に家族に相談して協力を得る方が賢明だと思います。

仕事への影響

債務整理を行うにあたり、その後へも大きく関わることですので、仕事への影響がないか非常に気になるところです。

できれば、会社に知られないように債務整理を行いたいというのが、本当のところではないかと思います。不可能ではありませんが、状況によっては知られてしまう可能性があります。

債務整理を行ったことを会社へ知られてしまう可能性としては

  • 個人再生や自己破産をして官報に掲載されている事を知られた場合
  • 勤務先の方が債務の保証人である
  • 勤務先から借り入れを行っている

などがあります。

官報とは国が発行している機関紙ですが、一般の方が読むという機会は、ほとんどないといってもよいでしょう。債務整理を行っている事を万一会社に知られたとしても、会社には解雇する権限はありません。

返済を滞納してしまった場合には、会社へ電話で督促されたり裁判によって差し押さえられる可能性があります。

会社に知られる知られない以前に、多重債務になるほど解決の道は遠のいてしまうことになってしまいます。会社に知られない内にできるのであれば、早急にでも債務整理を行った方がよい事はいうまでもありません。

保証人への影響

債務に対する保証人が存在する場合には、絶対に保証人への請求が行く事になります。保証人は原則一括で返済を行わなければならず、分割で返済を行うにはクレジットやサラ金などとの交渉を行わなくてはならなくなります。

債務の金額が大きくなればなるほど、保証人も支払いが不可能という事になってしまいます。本人は自己破産すれば返済しなくてよくなりますが、それでも保証人の返済義務はなくなりません。ともすれば、自己破産の連鎖にもなりかねないという事です。

債務整理を行うにあたって保証人に迷惑をかけることになってしまします。しかし、躊躇していては何も解決しませんし、返済が滞ってしまえば、保証人に与える影響もそれだけ大きくなってしまいます。

大切なのは、保証人の方にも自分が債務整理を行うという意思を表明して保証人に理解を得て、それぞれに最善な方法を選ぶという事です。

また、家族などで保証人として勝手に名前を書かれてしまっているという場合もあると思います。その場合にはその契約自体が無効ですので、支払いに応じる必要はありません。


スポンサードリンク