This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の影響について> 保証人への影響

保証人への影響

債務に対する保証人が存在する場合には、絶対に保証人への請求が行く事になります。保証人は原則一括で返済を行わなければならず、分割で返済を行うにはクレジットやサラ金などとの交渉を行わなくてはならなくなります。

債務の金額が大きくなればなるほど、保証人も支払いが不可能という事になってしまいます。本人は自己破産すれば返済しなくてよくなりますが、それでも保証人の返済義務はなくなりません。ともすれば、自己破産の連鎖にもなりかねないという事です。

債務整理を行うにあたって保証人に迷惑をかけることになってしまします。しかし、躊躇していては何も解決しませんし、返済が滞ってしまえば、保証人に与える影響もそれだけ大きくなってしまいます。

大切なのは、保証人の方にも自分が債務整理を行うという意思を表明して保証人に理解を得て、それぞれに最善な方法を選ぶという事です。

また、家族などで保証人として勝手に名前を書かれてしまっているという場合もあると思います。その場合にはその契約自体が無効ですので、支払いに応じる必要はありません。