This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の影響について> 仕事への影響

仕事への影響

債務整理を行うにあたり、その後へも大きく関わることですので、仕事への影響がないか非常に気になるところです。

できれば、会社に知られないように債務整理を行いたいというのが、本当のところではないかと思います。不可能ではありませんが、状況によっては知られてしまう可能性があります。

債務整理を行ったことを会社へ知られてしまう可能性としては

  • 個人再生や自己破産をして官報に掲載されている事を知られた場合
  • 勤務先の方が債務の保証人である
  • 勤務先から借り入れを行っている

などがあります。

官報とは国が発行している機関紙ですが、一般の方が読むという機会は、ほとんどないといってもよいでしょう。債務整理を行っている事を万一会社に知られたとしても、会社には解雇する権限はありません。

返済を滞納してしまった場合には、会社へ電話で督促されたり裁判によって差し押さえられる可能性があります。

会社に知られる知られない以前に、多重債務になるほど解決の道は遠のいてしまうことになってしまいます。会社に知られない内にできるのであれば、早急にでも債務整理を行った方がよい事はいうまでもありません。