This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理の影響について> 家族への影響

家族への影響

債務整理を行おうと考えている方が一番気になるのは、やはり家族への影響、とりわけ子供への影響でしょう。

借金の影響としての家族への影響は、家族が保証人になっているか否かという事がポイントになります。債務の保証人になっていない場合は、返済する義務はありません。クレジットやサラ金などの債権者から、返済を行うようにいわれる場合がありますが、これは拒否して構いません。

また、家族の進学や就職、結婚などにも影響を及ぼしませんが、自己破産で債務整理を行う場合は、原則的に一定以上の価値がある財産は処分されてしまいますので、その点の影響は考えておくべきでしょう。

ただ、家族がローンやクレジットを組もうとした時に、信用情報機関に記録が残りますので影響があるケースがあります。

家族へ知られないように債務整理を行いたいという方もいらっしゃると思いますが、知られないように行っていても裁判所からの通知が郵送されて来たのを家族に見られたりする可能性もあります。どのような債務整理の方法でも100%知られる事がないとはいい切れませんので、突然、借金が発覚するより事前に家族に相談して協力を得る方が賢明だと思います。