This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理に必要な費用> 自己破産の費用

自己破産の費用

自己破産に必要になる費用も、裁判所で若干ちがいがあります。ほとんどのケースで適応になる同時廃止になる場合には、裁判所で必要な費用は収入印紙や予納金などを合算しても4万円程で終わります。

財産がある場合には管財事件となり、管財人が選出されるのでその報酬に対しての予納金が50万円程度が必要になります。しかし、自己破産になってしまう場合にはほとんど財産がない状態が一般的です。ほとんどのケースでは同時廃止事件になります。

弁護士に依頼する場合には、着手金と報酬が必要になり、目安として40万円~60万円位となります。