This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理に必要な費用> 特定調停に必要な費用

特定調停に必要な費用

特定調停は、弁護士などの法律の専門家に相談せず、例え法律知識がない方でも行うという事が可能なため、債務整理の方法の中でも一番費用を安く済ませる事が可能です。

自分で手続きを行うのであれば、クレジット会社やサラ金などの債権者1社につき800円程度(裁判所により若干費用が変わります)で済んでしまいます。債権者が5社あったら800×5=4000円という事です。

とはいえ、特定調停は必ず自分で行わなければならないというわけではありません。もちろん弁護士に依頼する事も可能ですし、特定調停の相談だけを弁護士と行って特定調停の流れや申し立て方法などのポイントを教えてもらい、自分で債務整理を行うという方法も可能です。