借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


This page:債務整理の相談をする前にTOP > 債務整理と住宅ローン

債務整理と住宅ローン

住宅ローンの負担が大きくなっている場合、債務整理を行わなくても住宅ローンの借換えを検討してみるのもひとつの方法です。しかし、安定して返済し完済する事が最終的な目的です。無理のないように計画する事が不可能であれば、債務整理も検討します。

スポンサードリンク



債務整理をしてもマイホームを手放したくない

債務整理の方法によっては、大切なマイホームを手放さなくてはならなくなります。マイホームは人生の中でも一番大きな買い物ですし、思い入れもあるでしょう。折角途中まで返済が終わっているからどうしても手放したくないという方ももちろんいらっしゃる事と思います。

しかし、債務の状況によってはどうしても手放してしまうという事にもなりますし、無理をして返済を行い、後に手放さなくてはならなくなってはなんにもなりません。

マイホームをどうしても手放したく場合の債務整理の方法としては、任意整理か住宅ローン条項を利用する個人再生を選択するという事になりますが、その方法を利用できるのか、また、適しているのかは債務の状態や収入などに大きく関わる事ですから、弁護士や司法書士などの法律の専門家へ相談するようにします。

住宅ローンの借換え

債務整理を検討しても自分には合わないと思った場合で、住宅ローンの負担が大きな要素である時には住宅ローンの借換えを検討してみるというのもひとつの方法です。

仮に住宅ローンを借換えた方が月々の返済が少なくなるとしても、新たに住宅ローンを組む事になるわけですので、費用が必要になります。それも合わせて検討しなくてはなりませんし、住宅ローンの返済状況によっては逆に損失を生む結果になるかもしれません。

また、住宅ローンの借り換えを行わずとも、返済期間を延長して月々の返済額をおさえるという方法もあります。しかし、必ず延長できるというわけではありませんから、金融機関などに相談してみるとよいと思います。こちらの場合にも費用は必要です。


スポンサードリンク