This page:債務整理の相談をする前にTOP > 特定調停のメリットとデメリット> 債務整理ではまず特定調停を検討しましょう

債務整理ではまず特定調停を検討しましょう

特定調停は、平成12年2月から施行になった法律で、「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」で定められています。

債務整理を行う方法でも短期間で簡単に終わり、法律の知識がない個人でも行えます。また、費用も安く終わる方法ですから、債務整理を考えられている方は、条件が合うのであればこの方法を検討される事をお勧めします。

対象となるのは、法人個人を問わず支払い不能に陥ってしまう恐れがある者で、金銭の債務者である事です。簡易裁判所に申し立てを行いますが、申し立ては原則として本人が行います。