借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


This page:債務整理の相談をする前にTOP > 任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリットとデメリット

任意整理が他の債務整理の方法とちがっている点は、裁判所が介在せずに、本人(通常弁護士)もしくは弁護士などの法律の専門家が、債権者との返済期間や返済額の話し合いを行う事です。裁判所が関わらないためにある、メリットやデメリットも考えるようにします。

スポンサードリンク



任意整理で保証人に迷惑をかけない

任意整理が他の債務整理の方法とちがっているのは、裁判所が一切関わらないという事です。任意整理は債権者との話し合いを裁判所を通さずに行います。あくまで私的に行う方法であるので、個人での話し合いも可能なわけですが、債権者との話はスムーズには行えないケースが多いため、通常は弁護士に依頼する事になります。

対象になるのは原則として3年以内(5年まで認められる場合あり)に債務の返済が完了できる方です。つまり、和解案で決定する支払いを行える方で、支払う意思ももちろんなくてはなりません。

自己破産などでは債務の全てが債務整理の対象になりますが、この任意整理では整理する借金を選択する事が可能です。例えば保証人に迷惑をかけないようになどする場合に、保証人がいる借金は債務整理の対象にしないという事が可能です。

任意整理のメリット

・裁判所へ出頭しなくてよい
任意整理は裁判所に関わらないため、裁判所へ出頭する必要がありません。

・債務整理する対象を選択できる
任意整理では文字通り任意に整理するという事ですから、例えば会社からの借金は今まで通り支払いを続けるが、消費者金融のこことクレジット会社のここの債務整理を行うなどという事が可能です。

・支払いの総額を減らせる
消費者金融などの金利が高い業者と長く取引を行っている場合、利息制限法による金利へ計算して交渉を行いますので、結果的に返済総額が減少します。債務の状況によっては、払いすぎになっている可能性もあります。

・官報に掲載されません
一般の方はあまり見るという事がないと思いますが、国が発行している官報に、任意整理を行っても掲載されません。

・借金の理由が問われない
借金の理由如何によっては、自己破産などで免責を得られない場合があります。しかし、任意整理では理由が問われる事がありません。

・自分の周囲の人間に知られにくい
裁判所も関わらない方法ですから、裁判所からの通知が郵送され家族に借金が発覚する事もなく、周囲には知られにくい方法といえるでしょう。

・資格制限を受けなくてよい
自己破産を行うと破産手続き開始が決定されてから、免責が確定するまで、保険外交員や旅行業者、不動産鑑定業などの一定の職業につけなくなりますが、任意整理では影響を受けません。

任意整理のデメリット

任意整理にもデメリットがあります。先に書いたように弁護士などの法律の専門家へ依頼するのが一般的なため、費用が必要になります。その他にも以下のようなデメリットがあります。

・5年~7年程度クレジットやローンを使えない
クレジットやローンなどへの借金が制限されます。これは、信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)として残るためです。

・和解が合意に達しない事も
任意整理は、弁護士などへ依頼して返済期間や返済額を新たに取り決めする方法です。あくまで話し合いによるものですから、和解が成立しないと、目的を達成できません。

・返済額があまり変わらない事も
任意整理で返済額を減らすというのは、金利を法定利息で引き直し計算する事によるものです。ですから、金利が高い業者との取引を行っていたとしても、取引期間が短いなどの場合、返済総額がそう大きくは変わらない場合も考えられます。


スポンサードリンク