This page:債務整理の相談をする前にTOP > 任意整理のメリットとデメリット> 任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

任意整理にもデメリットがあります。先に書いたように弁護士などの法律の専門家へ依頼するのが一般的なため、費用が必要になります。その他にも以下のようなデメリットがあります。

・5年~7年程度クレジットやローンを使えない
クレジットやローンなどへの借金が制限されます。これは、信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)として残るためです。

・和解が合意に達しない事も
任意整理は、弁護士などへ依頼して返済期間や返済額を新たに取り決めする方法です。あくまで話し合いによるものですから、和解が成立しないと、目的を達成できません。

・返済額があまり変わらない事も
任意整理で返済額を減らすというのは、金利を法定利息で引き直し計算する事によるものです。ですから、金利が高い業者との取引を行っていたとしても、取引期間が短いなどの場合、返済総額がそう大きくは変わらない場合も考えられます。