This page:債務整理の相談をする前にTOP > 任意整理のメリットとデメリット> 任意整理のメリット

任意整理のメリット

・裁判所へ出頭しなくてよい
任意整理は裁判所に関わらないため、裁判所へ出頭する必要がありません。

・債務整理する対象を選択できる
任意整理では文字通り任意に整理するという事ですから、例えば会社からの借金は今まで通り支払いを続けるが、消費者金融のこことクレジット会社のここの債務整理を行うなどという事が可能です。

・支払いの総額を減らせる
消費者金融などの金利が高い業者と長く取引を行っている場合、利息制限法による金利へ計算して交渉を行いますので、結果的に返済総額が減少します。債務の状況によっては、払いすぎになっている可能性もあります。

・官報に掲載されません
一般の方はあまり見るという事がないと思いますが、国が発行している官報に、任意整理を行っても掲載されません。

・借金の理由が問われない
借金の理由如何によっては、自己破産などで免責を得られない場合があります。しかし、任意整理では理由が問われる事がありません。

・自分の周囲の人間に知られにくい
裁判所も関わらない方法ですから、裁判所からの通知が郵送され家族に借金が発覚する事もなく、周囲には知られにくい方法といえるでしょう。

・資格制限を受けなくてよい
自己破産を行うと破産手続き開始が決定されてから、免責が確定するまで、保険外交員や旅行業者、不動産鑑定業などの一定の職業につけなくなりますが、任意整理では影響を受けません。