This page:債務整理の相談をする前にTOP > 任意整理のメリットとデメリット> 任意整理で保証人に迷惑をかけない

任意整理で保証人に迷惑をかけない

任意整理が他の債務整理の方法とちがっているのは、裁判所が一切関わらないという事です。任意整理は債権者との話し合いを裁判所を通さずに行います。あくまで私的に行う方法であるので、個人での話し合いも可能なわけですが、債権者との話はスムーズには行えないケースが多いため、通常は弁護士に依頼する事になります。

対象になるのは原則として3年以内(5年まで認められる場合あり)に債務の返済が完了できる方です。つまり、和解案で決定する支払いを行える方で、支払う意思ももちろんなくてはなりません。

自己破産などでは債務の全てが債務整理の対象になりますが、この任意整理では整理する借金を選択する事が可能です。例えば保証人に迷惑をかけないようになどする場合に、保証人がいる借金は債務整理の対象にしないという事が可能です。