This page:債務整理の相談をする前にTOP > 個人再生のメリットとデメリット> 個人再生のデメリット

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットには、以下のようなものがあります。

・保証人に影響がある
債務に保証人がついている場合には、保証人に迷惑がかかる事になります。これは任意整理のように整理する債務を選択できないためです。個人再生では、債務の全てが整理の対象になります。

・ある一定期間ローンなどの利用ができません
個人再生を行うとある一定期間(5~7年程度)の間、ローンを組んだりクレジットの利用ができなくなります。これは、信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)として記録が残るためです。

・官報に掲載されてしまう
国が発行している機関紙である官報に掲載されます。一般の方は、まず目にする事がないと思います。しかし、官報はに掲載される情報というのは誰でも見る事ができるものです。

・返済がなくなるわけではありません
自己破産を行うと債務の全てがなくなりますが、個人再生は再生計画案が認可され、それにしたがって返済を行っていくものです。このため、将来的に不安が残らない無理のない計画を立てなくてはなりません。

・住宅ローンは返済が必要
個人再生はマイホームを手放さずに債務の整理が可能です。住宅ローンの返済期間の延長などを行えますが、住宅ローンの返済は必要です。