借金をひとりで悩んでいませんか?辛いですが、勇気を持って行動しなくては解決に少しも近づけません。
    ⇒⇒債務整理の専門家が多数在籍しているジャパンネット法律事務所に無料相談する!


This page:債務整理の相談をする前にTOP > 自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットとデメリット

自己破産は債務の全てが帳消しになってしまうという大きなメリットがある制度ですが、一定以上の財産を処分しなくてはならないなどの大きなデメリットもあります。他の債務整理が行えるのであれば、検討してみる事が必要だといえます。

スポンサードリンク



免責不許可事由

自己破産は債務が返済不可能になった場合の、あくまで最後の債務整理の手段です。裁判所により免責が認められると債務の返済は行わなくてよくなりますが、価値の低い財産以外は借金の返済にあてられる事になってしまいます。

とはいっても、衣類や電話など生活に必要なものなどまで処分の対象となってしまうわけではありません。

ただ、債務の全てにおいて免責が認められるわけではなく、以下のような理由の借金では認められなくなってしまう事があります。(免責不許可事由)

  • ギャンブルや浪費によってできた多額の借金
  • 偽名を使っての借金
  • クレジットで買い物をした目的が換金であった
  • 過去7年間の間に免責を受けている
  • 返済が不可能な状態で借金をした場合

以上のような場合ですが、絶対というわけではなく多くの場合には免責を受ける事が可能ですので、最初からあきらめる必要はありません。

自己破産でのメリット

自己破産する時には以下のようなメリットが考えられます。

・全ての債務が整理できます
ここが自己破産の一番大きいメリットです。裁判所によって免責が認められると、借金がなくなります。

・債務の額に左右されない
債務の額・借金の額が大きくても小さくても支払い不能な状態であれば、この自己破産は利用可能です。債務の総額が100万円であったとしても支払い能力がなければ利用できます。

・強制執行される心配がない
自己破産の申し立てを行うと、差し押さえなど強制執行される心配がありません。また、消費者金融などからの取立てがこなくなります。

・収入が安定していなくても利用可能
他の債務整理では収入が安定、もしくは収入の見込みがなどの条件がなくてはなりませんが、自己破産を行う場合、無職や職に就いていても収入が安定しない人でも利用が可能です。

自己破産のデメリット

自己破産を行うにあたって以下のようなデメリットがあります。メリットばかりに注目せず、デメリットもきちんと考えた上で行うようにしなくてはなりません。

・財産が処分の対象になります
不動産や自動車、保険の払い戻しなどが原則として処分の対象になり、借金の返済へ充てなければなりません。ただし、20万円以下の財産や生活に必要のある電話や電化製品などは、原則的に処分の対象にはなりません。

・破産者名簿に記録される
自己破産を行うという事は破産するという事ですから、当然ながら破産者名簿に記載されるという事になります。ただし、免責を受けると名簿より削除されます。

・ヤミ金から勧誘されやすくなる
自己破産を行うと国が発行する機関紙である官報に記載されます。この官報は誰でも見る事が可能(インターネットでも閲覧ができます)ですから、この情報を元にヤミ金業者が勧誘を行ったりする可能性があります。

・アパートなどの契約を解除される可能性
賃賃借契約書には破産したら賃賃借契約を解除する旨が書かれているケースがありますので、新たな住居を探す必要がある可能性があります。


スポンサードリンク